スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 米司法省などは27日、ワールドカップ(W杯)の放映権や開催地の誘致などをめぐって賄賂や見返りを受け取ったとして、国際サッカー連盟(FIFA)の幹部ら計14人を起訴。14人は1991年から24年間にわたり不正を続け、賄賂やリベートの総額は1億5千万ドル(約185億円)を超えるといいます。賄賂は2010年の南アW杯の開催地選定にも影響したとか。
    このうち7人は、27日朝にスイスで逮捕。またFIFAには、2018年と22年のワールドカップ(W杯)開催国決定に関連した別の刑事捜査も入りました。
    会長選を控えたFIFA。疑惑はどこまで拡大するのでしょうか?ブラッター会長のいうように、不正を根絶することはできるのでしょうか?

    皆さんは、今回のFIFAの不正疑惑について、どう思われますか?
    コメント3件を表示する 2015/05/29 09:10

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要