スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 衆院平和安全法制特別委員会は29日、中谷元・防衛相と岸田文雄外相が出席して安全保障関連法案の一般質疑を行いました。
    質問に立った民主党の後藤祐一議員は、まず28日の総括質疑で安倍総理が「早く質問しろよ」と野次をとばしたことなどについて強く非難。
    その後、「周辺事態」の定義をめぐる1998年の政府答弁との整合性について岸田外務大臣に質問しましたが、岸田大臣が質問に正面から答えていないと反発。民主、維新、共産など野党側が退席する事態となりました。このため審議は中断し、質疑を再開しないまま散会しました。

    波乱の展開となった安保法案審議。果たして夏までの成立は実現するのでしょうか?
    コメント2件を表示する 2015/06/01 10:49

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要