スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • イラク北部の主要都市ティクリットで470人の遺体が収容掘り起こされました。イスラム過激派組織(ISIL)に集団で殺害された政府軍の兵士とみられています。
    ティクリットは去年6月以降、ISILの支配下にあり、ISILの戦闘員が兵士らを「処刑」する様子などの画像をインターネット上に公開。犠牲者は1,700人に上るとみられ、イラク政府が3月末にティクリートを奪還後、多数の遺体が埋められているのが見つかり、収容を進めていました。引き続き事実関係の確認を進めています。
    一方、今月17日にISILに制圧された主要都市ラマディを巡っては、政府軍が今週、奪還を目指して軍事作戦を開始したのに対し、ISILも自爆攻撃などで激しく抵抗し、衝突が続いているもよう。文化遺産への損壊も懸念されます。

    増え続ける犠牲、許されざるISILの残虐なテロ拡散を阻止するために、国際社会はどのように対抗すべきでしょうか?
    コメント3件を表示する 2015/06/01 10:51

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要