スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 全国各地の寺社などで油のような液体がまかれる被害が相次いでいましたが、千葉県警がキリスト教系宗教団体の幹部に逮捕状を取りました。逮捕状が出ているのは、アメリカ在住の52歳の男性。3月下旬、千葉・香取市にある香取神宮の建造物に液体をかけた、建造物損壊の疑いが持たれています。
    男性は2013年に教団を設立。信者向けの集会で、「日本の寺社を油で清め、日本人の心を古い慣習から解放する」などと、一部犯行を認めるスピーチを行っていました。
    男はアメリカ在住のため、警察は、帰国次第、事情を聴き、逮捕する方針です。信教の自由が保証されているとはいえ、貴重な文化財を損なう悪質な行為です。

    皆さんは、この犯人についてどう思われますか?
    コメント1件を表示する 2015/06/02 09:06

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要