スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 日本年金機構で発覚した過去に類をみないほどの大規模な個人情報の流出。発端は外部からの不正アクセスですが、複数の職員が不審なメールを開封したり、個人情報保護のためのパスワードをかけていなかったりと、同機構の不手際が影響を大きくした面も。被害がさらに拡大するとの見方もあり、国民の公的年金制度への不信がさらに高まりそうです。
    年金機構は「消えた年金」問題、職員の年金記録ののぞき見などで信頼を失った年金行政の立て直しのシンボル。信頼回復途上で、さらにマイナンバー制度の導入を控え、今回の一件は政権にとって大きな痛手となりそうです。安倍晋三首相にとって年金問題は、第1次内閣での記録漏れ問題が参院選敗北につながった苦い経験があり、政府は火消しに躍起。塩崎恭久厚労相は迅速な対応を強調しています。
    私たちの年金は、個人情報は、本当にきちんと守られるのでしょうか? 

    みなさんは、今回の問題についてどう思われますか?
    コメント4件を表示する 2015/06/03 09:51

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要