スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 中国と韓国の両政府は1日、中国との自由貿易協定(FTA)に調印。年内の発効を目指す方針といいます。発効から20年で、両国とも貿易品目に関しては約9割の関税を撤廃。金額ベースでは中国が85%、韓国は91%自由化します。
    中国は日米の主導で進められているTPP交渉を強く警戒し、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)など多国間交渉で主導権を握ることを目指しています。韓国も中国という巨大な消費市場をにらみ、TPPより中国とのFTAを優先した格好。ただし、自動車が対象外となるなど、日本企業への影響は限定的と見られています。
    果たして、中韓の期待通り、今回のFTA締結がアジアの新たな経済統合の核となるのでしょうか?

    皆さんは、中韓のFTA締結について、どう思われますか?
    コメント3件を表示する 2015/06/03 09:52

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要