スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 選挙権年齢を18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が衆議院本会議で可決され、今国会で成立する運びとなりました。来年夏の参院選から適用される見通しです。文部科学・総務両省は、学校現場での「主権者教育」の準備を急ぐ方針です。
    また、改正案では、民法や少年法が定める成人年齢についても検討を加えて、必要な法制上の措置を講じることを付則に盛り込んでいます。引き下げに前向きな意見がある一方で、特に少年法に関しては、法の理念に反するという指摘も出ており、今後、見直しを巡る議論が活発になるとみられます。

    皆さんは、こうした法改正の動向について、どう思われますか?
    コメント4件を表示する 2015/06/05 09:12

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要