スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • ドイツ・ボンで開催中の国連気候変動枠組条約の作業部会に合わせ、4日、国際的な環境NGO「CAN」が、温暖化対策に消極的な国を対象にした「化石賞」を日本に授与しました。 
    CANは毎年、地球温暖化対策を話し合う国連会議に合わせ、温暖化対策に消極的な国に皮肉を込めて「化石賞」を贈っています。
    理由については、温室効果ガスを2030年までに2013年比26%削減するという日本の目標案について、野心的でなく、不十分としています。また、途上国で石炭火力発電所のプロジェクトを支援していることなども理由に挙がっています。作業部会に出席している日本政府の関係者は受賞について「削減目標案は国際的に見劣りしない野心的なもの」と話しています。

    このような不名誉な賞に選ばれてしまったことについて、皆さんはどう思われますか?
    コメント1件を表示する 2015/06/08 09:10

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要