スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 民間有識者でつくる「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)が、今後10年間で東京と周辺の3県の高齢者が急増して2015年に介護施設が13万人分不足するという推計をまとめました。医療・介護の施設や人材が充実している富山市や鹿児島市など26道府県の41地域を例示し、政府や自治体が高齢者の移住を促すべきだという提言を発表。
    これについて塩崎厚生労働大臣は会見で一定の理解を示し、必要な施策を推進する方針を示しました。
    ただ、十万人規模の移住にはハードルが高く、自治体側にも「無理に高齢者を移住させるのは違和感がある」といった慎重意見や、負担増を懸念する声があり、実現には時間がかかりそうです。

    さて、皆さんは首都圏の高齢者移住案について、どう思われますか?
    コメント4件を表示する 2015/06/08 09:10

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要