スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • ドイツで開催中の先進7カ国首脳会議(G7 サミット)で、主要課題となっているのがロシアへの対応です。ウクライナ東部で親ロシア派と政府軍の紛争が再び激化している現状に、当面はロシアのG8復帰はあり得ないという認識がG7諸国の間で定着しつつありますが、対ロ制裁の方向性をめぐっては、米欧間に微妙な温度差が。
    オバマ米大統領は「ロシアの侵略的行為に立ち向かう」と述べ、オバマ政権幹部は追加制裁も辞さない構えを強調。一方で欧州側は、メルケル独首相が「停戦合意を完全履行しない限り制裁緩和はあり得ない」と言いつつも、事態が好転すれば制裁緩和もありうるとした柔軟姿勢もみせています。
    ロシアが抜け、改めて結束が問われるG7。

    皆さんは、今後ウクライナ紛争はどのように進展すると思われますか?
    コメント2件を表示する 2015/06/09 08:45

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要