スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • G7(先進7か国)首脳が、中国の南シナ海での岩礁埋め立てなどに「強い反対」を表明したことに対し、中国の外務省は「(岩礁埋め立てや施設建設は)中国の主権の範囲内のことで、他国に干渉する権利はない」と強く反発しました。
    また、中国の共産党系メディア「環球時報」は社説で、「中国も参加せず、ロシアと対立するG7の欠陥は明らか」とG7のあり方を否定。社説では、「G7がアメリカにならって中国を抑制するための政治的スピーカーになったとしたら、それは誤りだ」と主張し、ヨーロッパ諸国が日米に同調しないよう釘を刺しました。
    昨年の首脳宣言よりも明確に非難の姿勢が示されたにもかかわらず、埋め立てを続行する構えの中国。

    皆さんは、緊張が高まる南シナ海問題についてどう思われますか?
    コメント3件を表示する 2015/06/10 08:47

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要