スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 「憲法違反のお先棒をかつぐ官僚は許さない。政権を奪い返し、必ず皆さんを処分する」――。
    民主党の小西洋之参院議員は、9日の参院外交防衛委員会で集団的自衛権の憲法解釈についての中谷元(げん)防衛相の答弁を巡り、秘書官が防衛相に耳打ちしたと指摘し、秘書官が「憲法違反の答弁」を補佐しているとして声を荒げる場面がありました。
    総務官僚出身の小西氏は、官僚が閣僚の国会答弁を手助けすることには一定の理解を示したうえで、「おかしい政治のもとで苦しむ局面があるのは分かるが、積極的に補佐するのは違う」と主張。「国会議員が真剣勝負で議論している。なんで官僚が後ろから補佐するんだ」と批判しました。

    これに対し官僚の一人は「官僚へのどう喝だ」と反発。民主党の枝野幸男幹事長も10日の記者会見で「言葉が過ぎる」と注意する意向を示しましたが、小西氏の「激高発言」について、みなさんはどう思われますか?
    コメント2件を表示する 2015/06/11 09:11

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要