スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 2020年東京五輪を見据え、受動喫煙対策を議論していた東京都の検討会が、飲食店などでの禁煙や分煙を罰則つきで義務づける条例を事実上先送りする提言をまとめました。提言では国に対して法律での規制を働きかけることを都に求めています。
    医療関係者などがメンバーの検討会では、飲食、ホテル、たばこなどの各事業者から意見を聞き、検討を重ねてきました。条例化を強く求める医師らと慎重派の法学者らで意見が対立するなど、議論は紛糾していた模様。
    国立がん研究センターが3月に行った都民を対象にしたアンケートでは、禁煙化を進めるために「罰則つきの規制を制定すべき」と答えた人が53.4%。また、近年のオリンピック開催都市では「罰則つき」の法令化の流れが定着しています。
    喫煙者には耳が痛い話ですが、皆さんはどう思われますか?
    コメント4件を表示する 2015/06/16 09:00

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要