スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)が15日、自身のツイッターで、維新の今後について「民主党とは一線を画すべき」と書き込み、民主との連携ではなく独自路線を歩むべきとの考えを示しました。橋下氏は民主党について「日本の国にとって良くない。政党の方向性が全く見えない」などと批判。「自民党と国の在り方について激しく論戦できる政党を目指すべき」と強調しています。また、安全保障関連法案を合憲とする政府に理解を示す書き込みも。
    橋下氏は14日夜、安倍晋三首相と約3時間の会談をしたばかり。安倍首相は会談で、安保関連法案を含めた今後の国会運営への協力を要請したといいます。政界引退の表明後も党内で影響力を維持しているだけに、党の路線を左右する可能性もある橋下氏の意見。皆さんはどう思われますか?
    コメント11件を表示する 2015/06/16 09:02

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要