スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 退去問題で揺れていた大阪・梅田の地下街にある串カツ店「松葉」など5店舗が、16日中に閉店し、自主的に立ち退くことを決めました。
    大阪市は地下道の拡張工事のため、「松葉」など5店舗に立ち退きを求めてきました。「松葉」側は退去命令などの執行停止を申し立てていましたが、大阪地裁などに退けられ、閉店を決めたといいます。
    「松葉」は自主退去を決めたものの、今後も市側との裁判を続け、地下道の工事計画などの違法性を訴えていくとしています。市側は、「手続きに問題はない」と争う姿勢。松葉側は「違法な居座りだとされ、従業員がまいっている」と、損害賠償も検討する意向です。
    閉店が決まった「松葉」の前には、惜しむ常連客らの手紙が置かれていました。60年以上もの間、庶民の味として親しまれてきた名物店の営業終了。
    皆さんは、この騒動について、どう思われますか?
    コメント1件を表示する 2015/06/18 09:02

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要