スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 米サウスカロライナ州の黒人教会で9人が死亡した銃乱射事件について、オバマ米大統領が声明を発表し、人種差別に基づく「憎悪犯罪(ヘイトクライム)」として捜査が開始されたことを明らかにしました。
    声明でオバマ氏は銃規制の必要性を改めて強調。オバマ氏は、2012年に小学校の銃乱射事件を踏まえて銃規制強化の法制定を求めていましたが、議会が否決した経緯がありました。声明ではオバマ氏が改めて議会に対応を迫った格好です。
    今回の事件で射殺された被害者の親族によると、逮捕されたディラン・ローフ容疑者は教会内で「お前たち(黒人)はわれわれの国を乗っ取ろうとしている」などと叫び、乱射したといいます。
    銃による暴力、人種差別主義者によるヘイトクライム――。事件が浮き彫りにした、アメリカの抱える深刻な問題。皆さんは、今回の事件について、どう思われますか?
    コメント1件を表示する 2015/06/22 09:08

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要