スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 自民党の若手議員らが開いた勉強会での、沖縄や報道をめぐる発言について余波が続いています。勉強会の出席者らによると、講師として招かれた作家・百田尚樹氏は米軍普天間基地について「周りに行けば商売になるということで(人が)住みだした」などと発言。また、議員からは報道機関に圧力をかけるべきだという意見が相次いだといいます。
    それに対し沖縄県の翁長雄志知事は29日、「日本の将来に禍根を残す」と批判。百田氏の発言についても「(認識の)差の大きさにがくぜんとしている」と語りました。
    安倍晋三首相は29日に谷垣禎一自民党幹事長と会談し「自民党は(表現の自由に)配慮していく姿勢を示さないといけない」と強調。谷垣氏は会見で「実際の党の運用の責任者は私だ」と、幹事長の謝罪で十分だという考えを示しました。29日の衆院平和安全法制特別委員会では、菅義偉官房長官が野党から、沖縄をめぐる発言について県民への謝罪を求められたのに対し「党の問題。政府の立場で調べてコメントする立場にない」と語りました。
    自民党は関係者の処分で早期収拾を狙いますが、火消しは簡単には進みそうにありません。問題発言や政府の態度について、皆さんはどう思われますか?
    コメント5件を表示する 2015/07/01 09:12

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要