スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 国家公務員を対象にした夏の朝型勤務「ゆう活」が1日から始まりました。全国で約22万人の職員が、8月末まで勤務時間を1~2時間前倒しします。今夏が初めての試みで、長時間労働を抑制し、ワーク・ライフ・バランスの実現を目指します。
    安倍晋三首相は取材に対し「この『ゆう活』を日本の長時間労働の慣行を変えるきっかけにしたい。私も有効に活用したい」と語り、働き方改革に取り組む考えを示しました。
    同日、東京・霞が関の中央官庁では午前8時過ぎから次々と職員が出勤。「朝起きるのはつらいが、頭がさえて仕事がはかどりそう」といった声が聞かれました。
    政府は朝型勤務を奨励し、職員が家族や友人と過ごす時間を確保したい考え。国民運動として民間企業や地方公務員への浸透も図ります。一方で、中には国会対応などで残業せざるをえない部署もあり、かえって勤務時間が増えるのではという指摘も。
    さて、皆さんは「ゆう活」について、どう思われますか?
    コメント4件を表示する 2015/07/02 09:05

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要