スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 生活が「苦しい」と感じている世帯は62%―。厚生労働省が実施した2014年の「国民生活基礎調査」でこのような結果が出ました。前年より2.5ポイントの増加で、上昇は3年ぶり。1986年に調査を始めてから最も高くなりました。
    調査は去年6~7月に行われ、全国の4万6000世帯余りが回答。生活状況について尋ねると「大変苦しい」と回答した世帯が29.7%、「やや苦しい」が32.7%で、「苦しい」と回答した世帯を合わせると全体の62.4%に上り、「普通」と回答した世帯は34%。特に、18歳未満の子どもがいる世帯では67.4%が「苦しい」と回答し、全体の平均より5ポイント高くなりました。
    同省は、消費税率の引き上げなどが影響していると分析しています。
    さて、皆さんは民生活基礎調査の結果について、どう思われますか?
    コメント3件を表示する 2015/07/06 10:23

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要