スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • ギリシャの命運を賭けた国民投票で、EUなど債権者側の財政緊縮策受け入れが大差で否決されました。勝利宣言をしたチプラス首相の「否決すればより有利な条件を引き出せる」という言葉とは裏腹に、今後のEUとの交渉では歩み寄りは難しくなったと見られます。
    チプラス政権は緊縮反対の「民意」を受け、今後の交渉で債務負担の軽減を求める構え。しかし、各国はチプラス政権への不信感を募らせていて、譲歩には強い抵抗があります。シュルツ欧州議会議長は「国民投票で交渉は難しくなった。納得できる案をギリシャが出すかどうかに成否がかかっている」と、ギリシャが過大な要求をしないようけん制しました。
    投票結果を受けて解決の糸口がますます見通せなくなったギリシャ問題。皆さんは、今後の動向について、どう思われますか?
    コメント3件を表示する 2015/07/07 09:03

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要