スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の建設について、7日、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は都内で有識者会議を開き、総工費を2520億円とすることを柱とした計画を報告。一部委員の反対もありましたが、最終的に了承されました。これを受け、JSCは業者との契約を近く締結。今年10月に着工し、2019年5月の完成を目指します。
    総工費は、昨年5月の基本設計時を約900億円上回る金額。増額分のうち、最も多いおよそ765億円は、2本の巨大なアーチ構造に必要とされる特殊な技術のためということですが、JSCの見積の甘さに疑問の声も上がっています。
    財源が決まらないまま、5年後へ向けて進み始めた建設計画。過去のオリンピックのメーンスタジアムに比べて5~8倍という高額の建設費について、皆さんは、どう思われますか?
    コメント4件を表示する 2015/07/08 09:06

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要