スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 日本年金機構で個人情報が流出した問題で、実際は情報が流出しているにもかかわらず、問い合わせに対して「流出していない」と、誤った回答をしたケースが2449人にのぼることがわかりました。情報が流出した101万人にお詫びの文書を送付する過程で、問合せ対応を確認したところ、誤りが判明したということです。機構は「当初の混乱の中での回答ミスではないか」として、詳しい原因を調べるとしています。
    また、機構はミスを公表せず、厚生労働省にも報告しないまま、訪問や手紙で対象者への謝罪対応を終えたといいます。厚労省の担当者は、6日昼の報道で今回のミスを知ったとして、こうした問題を速やかに報告するよう機構に改めて指示したことを明らかにしました。
    次々と明らかになる年金機構の不手際。誰が責任を問われるべきなのか、ずさんな体制はいかにすれば変わるのか。皆さんは、この問題について、どう思われますか?
    コメント1件を表示する 2015/07/09 10:02

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要