スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 「空き家対策特別措置法」が5月に施行され、各地で取り組みが本格化しています。
    特措法は、「特定空き家」の基準を満たす空き家について、自治体が所有者に撤去や修繕を勧告、命令できます。命令に違反した場合の罰則規定もあり、自治体にとっては「強力な武器」ですが、綿密な実態調査と所有者との交渉が必要。同法は自治体に対し、調査や対策計画の策定などを促していますが、小規模な自治体にとっては負担が大きく、「マンパワーも予算も足りない」という悲鳴も上がっています。
    建設技術職員を新たに雇用することが予算面で難しいケースや、空き家所有者に対応を指導しても「お金がない」などの理由で拒否されるといったケースがあるようです。また、空き家の撤去に要する多額の費用を所有者から回収できない場合も予想され、住民が公費負担に納得するのか、頭を悩ませる自治体もあります。
    手探りで進められ、課題も多い空き家対策。皆さんはどう思われますか?
    コメント1件を表示する 2015/07/14 09:12

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要