スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

  • サークル名:◆四季を楽しむ花◆

    オオバノトンボソウ(愛知県 海上の森)
    山地や丘陵の林下に生えるラン科の多年草。
    草丈は20~60cm程、葉は披針形で、根元の2~3枚は大きく茎を抱く。
    茎の先に淡緑黄色の花を穂状に多数付ける。
    和名は花がトンボの姿に似て、葉が大きいことで。

    都道府県のRDB(レッドデータブック)指定状況:
    http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06050316734


    ツチアケビ(愛知県 奥三河)
    落葉樹林下または笹の群落中に生育する葉緑素を持たないラン科の腐生植物。
    葉がないので、ちょっと不思議な感じのする植物。
    この果実がアケビに似ているからツチアケビという名


    都道府県のRDB(レッドデータブック)指定状況:
    http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06050316571


    オニノヤガラ(長野県 乗鞍高原)
    日本各地の山地の樹林下、湿原に自生するラン科の葉緑素をもたない腐生植物。
    茎は直立し、帯黄褐色、草丈は40~100cmになり、円柱状の茎に膜質の鱗片葉をまばらにつける。
    名前の由来, 花茎が長くまっ直ぐ伸びた姿を鬼の使う 矢に見立てた。

    都道府県のRDB(レッドデータブック)指定状況:
    http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06050316573


    アオテンマ?(愛知県 奥三河)
    オニノヤガラの中にはときに花も花茎も淡緑色になるものがあり、アオテンマと呼ばれている。それ以外の特徴は、母種と変わらない。


    コメント2件を表示する 2015/07/15 07:18

    ◆四季を楽しむ花◆のイメージ

    ◆四季を楽しむ花◆

    サークル
    パブリック
    誰でもフォロー可