スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 任天堂社長の岩田聡さんが、11日に胆管腫瘍のため55歳で亡くなりました。
    「名刺の上では、私は会社の社長です。頭の中では、ゲーム開発者です。心の中では、ゲーマーです」―。ゲーム開発者向けの会議で自身をこう説明するほどのゲーム好き。2002年、任天堂の社長に就任し、「ニンテンドーDS」や「Wii」など大ヒットゲーム機の開発を導きました。近年はスマートフォンの普及に押され、ゲーム機の販売不振に直面しましたが、スマホゲームへの参入などで新たな成長戦略を探っていた矢先の悲報でした。
     業界に与えた影響は計り知れず、ライバルであるソニーのPlayStationが公式Twitterアカウントで追悼メッセージを発するなど、その早すぎる死を日本だけでなく世界中の人たちが悲しんでいます。
    より多くの人にゲームを楽しんでもらおうと情熱を注ぎ続けた岩田社長について、皆さんは、どのような感想をもたれますか?
    コメント1件を表示する 2015/07/15 09:12

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要