スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • イラン核問題の解決を目指してウィーンで協議を続けてきた欧米など6カ国とイランは14日、最終合意に達しました。イランの核開発を大幅に制限する一方、経済制裁を段階的に解除します。2002年にイランの秘密核開発計画が発覚してから13年。粘り強い外交努力が実を結び、核拡散の可能性を減じる大きな一歩となりました。
    合意後の会見で、交渉の調整役を務めたEUのモゲリーニ上級代表は「平和への共同の関与が実現した」と成果を強調。同席したイランのザリフ外相も「イランと主要国の信頼構築を助けるものだ」と述べました。
    イランの核兵器開発能力を断つには至らなかったことに懸念の声はあるものの、中東地域の安定や世界経済を支えるエネルギー供給に大きな影響を与える歴史的な合意。皆さんは今回の合意についてどう思われますか?
    コメントする 2015/07/16 09:08

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要