スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 国際サッカー連盟(FIFA)は20日、汚職問題に関連して行われる次期会長選挙の日程を来年2月26日と発表。その記者会見に臨んだゼップ・ブラッター会長が、とんでもないハプニングに見舞われました。
    会見開始直前、男性が歩み出て「ブラッター、これは2026年W杯を北朝鮮で開催するための賄賂だ」とまくし立て、ブラッター会長に大量の偽札を投げつけたのです。この男性は英国の著名コメディアン、サイモン・ブロドキン。彼はイングランドの大規模野外ロック・フェスティバル「グラストンベリー」でカニエ・ウェストのステージに乱入したり、イングランド代表のオフィシャルスーツを着て移動中の同代表チームに紛れ込んだりしたこともある“常習犯”だといいます。
    なお、ブロドキンはその場で警備スタッフに取り押さえられて場外へと連れ出され、困惑した表情のブラッター会長は「掃除しなくては」と述べ、一度退出。数分後に会見は再開し、トラブルなく進められました。
    FIFAの金権体質を皮肉った辛口のジョークに会場からは笑いが起きたようですが、皆さんはこのパフォーマンスについて、どう思われますか?
    コメント2件を表示する 2015/07/22 09:13

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要