スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 2016年米大統領選に共和党から立候補した不動産王ドナルド・トランプ氏の暴言が注目を集めています。21日、サウスカロライナ州の講演では、同党の対立候補らをあざける発言を連発しました。
    トランプ氏はまず、リンゼー・グラム上院議員が数年前の選挙戦の際、献金を依頼してきたことを暴露。「この男は物乞いなのか」と批判し、その場でグラム議員の携帯番号を読み上げ、「試してごらん。少なくとも話ができるかもしれない」と、聴衆に呼びかけました。次に、リック・ペリー前テキサス州知事について「知的と見せかけるために眼鏡をかけているが、無駄だ」、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事については「交渉下手だ」と切り捨てました。
    トランプ氏はこれまでの選挙活動でも、メキシコ移民は麻薬の密売や強姦などの犯罪の源だなどと発言。さらにベトナム戦争中に捕虜としてとらわれ、米国で最も尊敬を集める政治家の一人、ジョン・マケイン上院議員(共和党)について「彼は捕まったから英雄になった。私は捕まらなかった人間が好きだ」と侮蔑し、物議を醸していました。
    度重なる問題発言にもかかわらず、共和党の看板候補・ブッシュ氏を抜いてトップに躍り出るほどの支持を集めるトランプ氏。その人気は持続するのでしょうか。皆さんは“お騒がせ”なトランプ氏をどう思いますか?
    コメント1件を表示する 2015/07/24 09:09

    ニュース「もの申す」サークルのイメージ

    ニュース「もの申す」サークル

    サークル
    パブリック
    フォローするには管理者の承認が必要