スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 会津若松で活動をしている 童劇『プーポ』の定期公演を観てきました。
    私を含めた数人が、51年前に『劇団ポポ』を立ちあげた時からの付き合いなのです。

    毎年、若松の「こどもまつり」に参加して91回目の公演。
    創立60周年の記念講演でした。
    夜の『創立60年の祝賀会』に参加を促されていたのですが、4日に私的用事があったので・・・参加できなかったのです。
    アマチュアで60年・・・よく続いていますね。
    でも・・・団員の年齢を感じました。

    この日に、全児演東北ブロックの責任者である『劇団風の子』東北班の澤田さんから事前の呼びかけがあり、プーポの公演が終わった後で各劇団の近況報告を兼ねた話をしようとなり、鶴ヶ城近くの喫茶店に入り雑談と近況報告をしました。
    全児演東北ブロックの加盟団体と個人会員が少ないうえに、都合の付かない会員と何時も複数参加をするプーポが公演直後なので参加は見込めない。
    結局、『風の子』の澤田さんと『なにぬの屋』のやこさん と私の3人。

    コーヒーとチーズケーキを前にして話が弾む。
    私はアマチュアだけど、プロの二人は熱い!
    『私も閉じこもっていてはいけない!』 とつくづく思いましたね。

    帰りに、行き付けの隠れ家『ワンモア』にお土産をと思い、鶴ヶ城の脇にある売店に寄り蒸かしたての「アワ饅頭」を購入。
    これの蒸かしたてが、すっげく美味いの!!!!
    売店の小母さんに、「試食は無いの?」と聞いたら、
    「アワ饅頭はありません。ほかの栗饅頭か茶饅頭ならいいよ。」だって、でもね・・・周りにお客さんがいなくなったらその小母さん・・・
    「はい、特別!」と言って・・・蒸かしたてのアッチッチ アワ饅頭を私の手のひらに。
    即、試食。
    うっめぇ~~~!!!

    帰りは高速で、磐梯山を左手に見ながら帰って来ました。

    コメントする 2017/05/04 17:25