スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 今までセットや小道具作り等は自宅の客間を作業場にしてやっていましたが、立ち稽古するには部屋が狭く、思うように身体が動かせないのでパートごとに分けて稽古をしていました。
    指人形だけ、前座にココちゃんを使った腹話術、蜘蛛の糸の表現したい部分・・・など。
    ビデオを撮りながら・・・でも限界があります。

    今月の17日が出前初日。1月には5カ所の施設へ出前をします。
    私が住んでいる団地内の集会所を借りることが出来たので、バック幕を張り、効果を入れての通し稽古をしました。
    組み立てるとバック幕の不具合や修理箇所が見つかりました。
    効果の音量調整。
    広い場所で稽古をすると・・・身体が動きます。
    自宅の狭い場所での稽古とは違いますね。
    声が出ます。
    身体表現が大きくなります。

    ビデオを撮ったので、夜パソコンに接続して観てみると・・・直さなければならないところが出て来ました。
    子ども達に失礼にならないようにしなければ。
    稽古を観てくれる人がいれば、その場で直せるのに・・・。
    児童劇を一緒に演る人がいないかなぁ~。
    夕べは幕の修理で・・・今日はちょい寝不足気味。
    公演日は寒くないと良いのだが・・・心臓に負担がかかるからなぁ~。

    あっ! 愚痴になっちゃった。(苦笑)
    コメントする 2018/01/12 10:56