スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス
ステキ!は元気 本物おしゃれ通信 講師プロフィール バックナンバー
講師プロフィール バックナンバー

第29回 若々しい体とやさしい心になれる色
~ピンク色にまつわる話~

サルスベリに見る「ピンク色」

 サルスベリの花が見頃です。「百日紅」と漢字で書くとおり、7月から10月近くまでの長い間、咲いています。
 小学生のころ、同級生の友だちの家にこのサルスベリの木があり、夏になると何とも可愛いらしいフリルみたいなピンク色の花が、次々と咲いて見事だったのを覚えています。「猿も滑るからサルスベリ」とその友だちに教えてもらいました。なるほど、幹がすべすべして滑りそう。試しに登ってみたら、登れましたけど……。
 現在、我が家にもサルスベリの木があります。春はにょきにょき生えてくる枝に生命力を感じ、うどんこ病との戦いが2、3回(消毒のこと)、私が勝つと、他のお宅のものとは1ヵ月遅れでやっと花を咲かせてくれます。秋は、また落ち葉と格闘し、冬に枝をバッサリ切り落として1年が終わります。
 下の写真は、近所のサルスベリの木です。この連載の「第20回 アジサイの季節 紫色の世界 ~紫色にまつわる話~」に出てくるアジサイの花ほどではないけれど、町のあちこちで見かけます。でも、待ってください、こんなにいろんなピンク色がありましたっけ? 白色のサルスベリは確かにありましたが、いわゆる普通のピンク色ではなく青味がかったものや白に近い藤色など、知らなかったのは私だけでしょうか?

 ということで、今回はこのサルスベリの花の色「ピンク色」についてお話ししていきます。

百日紅画像01 百日紅画像02
百日紅画像03 百日紅画像04

「ピンク色」のイメージ

 じつは、この「ピンク色」をテーマにしようと思ったとき、なんという色名で表現しようか迷いました。「ピンク色」という言葉のイメージは「可愛らしい」「春」「ロマンティック」「愛情」などと同時に、ピンク映画のピンクのように少しエロティックなイメージもあります。先日テレビで元ピンクレディーの未唯さんも、初めてグループ名を「ピンクレディー」と聞いたときに「可愛い」と喜んだものの、下宿のおばさんに「色っぽい」と言われたとお話ししていました。「ピンク色」は人によっていろいろなイメージを連想させるのですね。

 ちなみに、ウィキペディア(Wikipedia)によると、ナデシコのギザギザの花びらが、裁縫で使う「ピンキングばさみ」でカットされたように見えることから「ピンク」という名前が付けられたようだ、とされています。いわばピンクはナデシコの明るい赤の色合いを表すための言葉として生み出された、とのことです。「ピンキングばさみ」が語源とは……意外ですね。
 で、ナデシコ色とはこんな色です。

ナデシコ色

若返りとリラックスの色「ピンク色」

 アメリカで、こんな興味深い実験結果があります。
 女性にピンク色の洋服を身に着けてもらい、ピンク色のカーテンの部屋で生活するようにしたところ、容貌や体が若返り、性格まで明るくやさしくなったそうです。それは、ピンク色には医学的に女性ホルモンの分泌を促進する働きがあり、心理的にも興奮状態を落ち着かせ、リラックスできる色だからです。
 その効果を利用して、アメリカの刑務所でグレー1色だった壁を薄いピンク色に塗り替えたら、収監者たちの攻撃的行為の発生が激減したといいます。
 そういえば、最近の看護婦さんの制服は白ではなく淡いピンク色も見かけますよね。身に着けている本人もそれを見ている患者さんも心が穏やかになるのでしょうか。白衣の天使ならぬ、桜色の天使……ですね。

男性も「ピンク色」を身に着けよう

 昔ピンク色は、女性が身に着ける色という認識が強かったのではないでしょうか。逆に男性の多くは自分で身に着ける色というよりも、女性のピンク色の服装にやさしさやセクシーさを感じていたようです。
 しかし最近では、男性もネクタイやYシャツ、ゴルフウェアなどにピンク色を採り入れることは、珍しくなくなりました。ピンク色を身に着けると、穏やかで優しい気持ちになれるだけでなく、人から見たイメージもやわらかくなります。実際ピンク色をうまく使っている人は、固定観念や常識にとらわれず、柔軟な考えをもっている人が多いので、女性からの好感度も高いのではないでしょうか。

 さて、次回はもっとピンク色を掘り下げてお伝えしていきます。楽しみにしていてくださいね。

表示:PC | スマートフォン