ぱそこん楽習
こんなことができる! NEWぱそこんライフ講座

第3部 わがまま新テレビライフ中級編(12)

――― 第12回 ―――
HD やプリンタを共有しよう


 デジカメの画像や動画ファイルは、いつの間にかパソコンの中にどんどんたまりますが、対策を立てないと、いつかはパンク状態になってしまいます。また、LAN を組んで複数の PC を操作していると、他のパソコンに入っているデータを操作したり、プリンタを 1 台だけで使いまわす必要が出てきますね。今回は、ハードディスクやプリンタを共有して、使い勝手の良い家庭内 LAN にする講座です。




無線LANでノートパソコンを身軽に

 このシリーズの第 8 回講座で「離れワザ無線 LAN の Q&A」がありましたね。
https://www.slownet.ne.jp/sns/area/pc/reading/pc_readig/200601171408-1000000.html

 無線 LAN を組めばインターネット接続が共有できて便利になりますが、それだけではまだ特長を活かしきれていません。せっかく LAN でつないだのですから、お互いのパソコン内や外付けのハードディスク (HD)、プリンタも共有の設定をしておきましょう。
 このシリーズで取り上げている東芝のノートパソコン Qosmio のように、最初から無線 LAN 機能がついているノート PC などは、持ち運んで使えるのが大きなメリットです。これにいろいろな周辺機器 (外付け HD やプリンタ) を直接つないでしまうと、場所を動かすのが厄介になります。大容量の外付け HD やよく使うプリンタは、固定したメインパソコンにつないでおくのがおすすめです。





ワークグループ名とコンピュータ名を設定

 LAN でつないだ PC には、共通の「ワークグループ名」と各 PC で固有の「コンピュータ名」を決める必要がありますので、確認しましょう。

image

 エクスプローラでマイコンピュータのアイコン上で右クリックし、プロパティを開きます。
 [コンピュータ名] タブの [変更] ボタンをクリックし、「コンピュータ名」と「ワークグループ名」を入力します。「コンピュータ名」は、各 PC 間で同じのものがないように気をつけ、「ワークグループ名」は、各 PC でまったく同じにします。「コンピュータ名」と「ワークグループ名」は共に半角英数字 15 文字以内で設定します。
 すべての PC で設定できると、各 PC の共有ドキュメントにアクセスできるようになります。
 エクスプローラで見てみましょう。

image

 [マイネットワーク]-[ネットワーク全体]-[Microsoft Windous Network] と辿ると、先ほど設定したワークグループ名が出てきます。

 ワークグループをクリックすると、LAN でつながっている PC が、先ほど設定したコンピュータ名で表示されます。
 各 PC の共有ドキュメントフォルダは [SharedDocs] と表示されます。
 PC内のハードディスクにあるデータのやり取りは共有ドキュメントのフォルダに入れておけば、いつでもできますね。




外付けハードディスクの共有

 新しいデジカメの高画素化はますます進み、撮った画像のファイルサイズも大きくなります。また、TV 番組の動画ファイルも、ギガバイト単位に達します。
 それらのファイルは、すべてをずっとノートパソコンの中に入れておくのは、無理がありますね。CD-R や DVD-R などに保存するのも一つの手ですが、すぐに目的のファイルにアクセスしたいときに、ディスクをどこにしまったのか思い出せなくて苦労することも。やはりおすすめは大容量の外付け HD です。
 その HD をノートパソコンからも操作できるようにするには、共有設定が必要です。
 さっそく、操作をご説明いたします。

image

 エクスプローラから共有したい HD を探し、そのアイコンの上で右クリックします。
 [プロパティ] を開き、[共有] のタブをクリック。ここでセキュリティに関する注意事項が表示されたら、「ここをクリックして下さい」と表示されたところをクリックします。
 [ネットワーク上での共有とセキュリティ] 欄の [ネットワーク上でこのフォルダを共有する] にチェックを入れます。
共有名は設定しなくても問題ありませんが、あとでわかりやすくするために入力しておいてもいいですね。
 [OK] ボタンをクリックして設定完了です。
 もう一度、エクスプローラを見てみましょう。

image

 共有設定ができていると、ハードディスクのアイコンに「共有」を示す手のマークが重なります。

 これで、LAN を組んだパソコン間で、この外付け HD を自由に使うことができます。もう、メモリカードや CD-R などにデータをコピーしながら歩き回る必要がありませんね。




プリンタの共有

 パソコンからワープロ文書や写真を印刷するにはプリンタが必要ですね。LANでパソコンがつながっていれば、各パソコンから 1 台のプリンタを操作することができます。プリンタの共有も設定しておきましょう。
 まず、既にプリンタにつながっている PC を操作します。
 スタートボタンから [コントロールパネル]-[プリンタとその他のハードウェア (FAX) ] を開き、[インストールされているプリンタまたは FAX プリンタを表示する]をクリックします。

image

 共有したいプリンタのアイコン上で右クリックし、[共有]を選びます。プロパティ画面で[共有]タブで、[このプリンタを共有する]にチェックを入れます。[OK]で終わると、プリンタのアイコンに共有を示す手のマークがつきますね。

 次に、この共有プリンタがつながっていないパソコン側の設定です。この場合は、プリンタのドライバソフトをCD-ROMからインストールしたり、インターネットからダウンロードしたりする必要はありません。
 まず、コントロールパネルから[プリンタとその他のハードウェア (FAX) ]を選び、[プリンタを追加する]をクリック。

image

 プリンタの追加ウィザードが起動します。

image

 [次へ]ボタンで進んだら、[ネットワークプリンタ、またはほかのコンピュータに接続されているプリンタ]にチェックを入れ、次に進みます。

image

 次の画面では、[プリンタを参照する]をチェックして次へ。

image

 一覧にあるプリンタから、使いたいものを選び、[次へ] をクリックすると、「続行しますか?」とダイアログが開きますので、[はい] で進みます。

image

 ウィザードが終了すると、ネットワークにつながれている共有プリンタのアイコンが登場します。

image

 さっそく印刷をテストしてみてください。
 意外と簡単にできるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 なお、無線 LAN でプリンタを使う場合は、プリンタサーバーという小道具を使えば、PC とそのプリンタをつなぐ必要はありません。一般的には [プリンタ][プリンタサーバー] を USB ケーブルで、[プリンタサーバー][アクセスポイント (親機) ] を LAN ケーブルで結びます。

表示:PC | スマートフォン