スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス

NEWぱそこんライフ講座

第35部 ペンが奏でるNEWタブレットライフ

第4回 手書きがいいね!ペンタブレット活用法

 前回は紙とペンの書き心地を再現したWindowsペンタブレット「dynabook Tab」を紹介しましたが、その手書き文字入力を最大限に活かせるのが、ノートアプリ「トゥルーノート(TruNote)」です。今回はデジ形平次(以下、デジ形)と妻・ミドリが、「トゥルーノート」の使い方をアナ六に解説します。

講座で使用しているタブレットPC

dynabook Tab S90/N
dynabook Tab S90/N

CPU:Atom Z3735F 1.33GHz

メモリ:2GB

ストレージ:64GB フラッシュメモリ

ディスプレイ:10.1型ワイドWXGA

OS:Windows 8.1 with Bing 32ビット

イメージ

「大江戸ぱそこんライフ」

【登場人物紹介】

デジ形平次…江戸中に名を知られた腕利きの岡っ引。意外にも趣味はパソコンで、事件のない時は日がな一日ノートパソコンに向かっている。

アナ六…デジ形平次の子分で、名前のとおりのアナログ人間。パソコンを使いこなせるようになりたいが、いつもトンチンカンなことを言ってデジ形を呆れさせている。

ミドリ…デジ形平次の女房。パソコンに関してはデジ形より詳しいというのがもっぱらの噂。

 彼らがお送りする時空を超えた『NEWぱそこんライフ講座』、さて今回のお話は……。

ペンタブレットで日記を始めよう

アナ六 「まいったなあ、あと10日ぐらいで2月になっちまいますぜ」
デジ形 「新しい年が始まったばかりなのに、何をあせっているんだ?」
ミドリ 「『1月が終わるまでまだ10日もある』ってポジティブに考えたほうが楽しく過ごせるよっ」
アナ六 「なるほど、発想の転換ってヤツですね。でも、あっしがあせっているのは、今年の目標をまだ決めていないからなんです」
デジ形 「毎年そんなことを決めていたのか?」
アナ六 「このあいだ仲間うちで新年会をやったとき、『今年からジョギングを始める』とか、『三味線を習う』とか『英語を勉強する』とか口々に言い出したもので、あっしも何か始めねえときまりが悪くて……」
ミドリ 「そういうことは、ムリに人に合わせなくてもいいんじゃないかい?」
デジ形 「それに興味のないことを始めても、三日坊主になるのがオチだ。例えば日記のように、簡単にできることを始めるのはどうだ?オレも始めたばかりだぞ」
アナ六 「なるほど、運動や習い事は大変そうですが、日記ならあっしにもできそうだなあ。さっそく日記帳を買いに行ってきますぜ」
デジ形 「せっかちなヤツだな。オレは日記帳を使わずに、『dynabook Tab S90』のアプリ『トゥルーノート(TruNote)』で書いているぞ」
アナ六 アナ六、怒る 「それは便利だと思いますが、日記ぐらいは、ペンで紙に書く昔ながらのやり方でいきたいですぜ」
ミドリ 「おや、アナ六が紙にこだわるとは意外だね」
デジ形 前回紹介したばかりなのに、もう忘れたか?『dynabook Tab S90』は手書き文字入力が大きな特長だ」
アナ六 「そうでした、紙にペンで書くような自然な書き味でしたね。ってことは、キーボードで文字を打つんじゃなくて、紙の日記帳と同じように手書きの文字で日記を書いているんですかい?」
デジ形 「うむ。手書きだから丁寧に書かないといけないが、フォントの文字よりも味があっていいものだ」
アナ六 「あっしの字は、いくら丁寧に書いても読めるかどうかが心配で」
ミドリ 「心を落ち着けてゆっくり書けばいいさ。精神の修行になるかもね」

イメージ

「トゥルーノート」で日記を書いてみました。ペンの種類や線の太さは変更できるので、自分好みのスタイルで書くことができます。

アナ六 「しかしペンタブレットを使って手書きの日記を書くとは、なかなか面白い試みですねえ」
デジ形 「日記帳のページをめくる感覚は味わえねえが、ペンタブレットだと文字を修正するのも楽にできるからな」
ミドリ 「間違った文字を塗りつぶすと汚いし、鉛筆で書いたものを消しゴムでゴシゴシやるのも面倒だからねえ」
アナ六 「あとから誤字をみつけても、簡単に直せるんですね。こりゃあ、ペンタブレットのほうに分があるのでは?」
ミドリ ミドリ、微笑む「日記だけじゃないさ。あたしはお料理の写真を取り込んで、手書きのレシピ集を作ってみたよっ」
アナ六 「へえーっ、でも、どうして手書きなんですかい?」
ミドリ 「これまではテレビの料理番組を見ながらメモをとっていたけれど、それをトゥルーノートでやっているわけさ。でき上がった料理の写真は、ペンタブレットのカメラでテレビ画面を撮影すればいいしね」
アナ六 「なるほど、テレビで話していることをそのままパソコンのキーボードで打つってのは至難のワザですからね」
デジ形 「読めないような殴り書きをしても、あとから修正できるしな。とはいえ、今は番組のWebサイトを見れば、レシピなどの情報が載っているんじゃねえのか?」
ミドリ 「料理のポイントとなるところは、耳で聴いてメモをとるのがいいのさっ」
アナ六 「タブレットに書いたレシピで料理を作るとは、世の中も変わりましたねえ」

イメージ

写真を貼り付け、文字の太さや色を変えたレシピ集。作成の仕方はあとで紹介します。

 次のページでは、「トゥルーノート」の使い方を説明します。

| 1 | 2 | 3 |

次のページへ→


※ソフトウェアのダウンロードは自己の責任において行ってください。また、ソフトウェアの質問は配信サイトの管理者にお問い合わせください。
※このコーナーで使用している画像は、それぞれのメーカー・運営会社等が著作権を有しています。

表示:PC | スマートフォン