わかる! パソコン講座Microsoft Excel編
講師:石渡真澄石渡真澄
わかる! パソコン講座 Microsoft Excel編

第102回 起動するソフトの変更方法

 前回お話ししたようにファイルには拡張子がついていて、ファイルを開くと、パソコンがその拡張子を識別して対応するソフトを起動します。ExcelやWordファイルなどは、そのままExcelやWordソフトが起動しますが、画像ファイルはソフトの種類が多いため、どのソフトが起動するかはパソコン任せになっています。ただし、使用したいソフトがある場合はそのソフトを起動することができます。今回はその方法についてご説明します。

<使用ソフト:Microsoft Excel 2003>

常に起動するソフトを設定

 画像ファイルを開くとその形式によって、ペイント(Paint)が起動したり、Microsoft Office Picture Managerが起動したりします。また、画像編集ソフトを購入してインストールされた方は、そのソフトが起動することもあります。何のソフトが起動するかはパソコンによって違いますが、起動したいソフトがあれば、そのソフトで開くように設定ができます。

 例では、画像ファイル「海.BMP」を開くと、ペイント(Paint)が起動しました。ではこの画像を開く際、常にMicrosoft Office Picture Managerが起動するように設定してみましょう。

1)アイコンの中で右クリックします。

イメージ

2)「プログラムから開く」-「プログラムの選択」をクリックします。

イメージ

3)「ファイルを開くプログラムの選択」ダイアログボックスが表示されます。起動したいソフト名をクリックして(例ではMicrosoft Office Picture Manager)、「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

イメージ

4)Microsoft Office Picture Managerが起動し、ファイルが開きました。確認するので、開いた画面は閉じましょう。

5)先ほど開いたファイルを再度、開きます。どうですか? 設定したソフト、Microsoft Office Picture Managerが起動しましたね。

常に起動するソフトを設定~プロパティから~

 起動ソフトを変更する方法は他にもあります。例では、「海」ファイルを開く際に起動するソフトを、ペイント(Paint)に変更してみます。

1)アイコンで右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

イメージ

2)「海のプロパティ」ダイアログボックスが表示されます。「プログラム」欄を見ると、Microsoft Office Picture Managerになっています。「変更」をクリックします。

イメージ

3)「ファイルを開くプログラムの選択」ダイアログボックスが表示されます。起動したいソフト名をクリックして(例ではPaint)、「OK」をクリックします。

イメージ

4)「海」ファイルをダブルクリックすると、ペイント(Paint)が起動しました。

 このような方法で、使用したいソフトを常に起動させるように設定ができます。

 今回だけこのソフトを起動したいという場合には、アイコンで右クリックして「プログラムから開く」の中のソフト一覧から起動するソフトを選択してください。この方法だと、今回だけそのソフトが起動します。


※ソフトウェアのダウンロードは自己の責任において行ってください。
 また、ソフトウェアの質問は配信サイトの管理者にお問い合わせください。

表示:PC | スマートフォン