スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 常識的な資産配分方針を採用するなら、いくら高金利を目指すとしても、海外債券ファンドに投じる資産は、全資産の4分の1、3分の1が上限、というわけです。

    コメントする 2011/06/16 04:15

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可