スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • しかし、引け後の時間外取引で先物価格は回復傾向であり、影響はあっても小規模で短期間であろうと想定されます。循環的な見方からしますと、向こう数週間スパンで上昇があってもおかしくない局面に株式相場はあるという点は押さえておくと良いように思います。

    コメントする 2011/12/19 07:35

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可