スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 今は株の配当利回り>国債利回り、という銘柄が多いのですから、そのファンドの資金コスト=国債利率、と、配当利回りの関係からすれば、利ざやを稼ぎながらファンドを維持できる、という形になります。

    コメントする 2012/02/15 11:12

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可