スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 欧州中央銀行が昨年12月に続いて市場の大量の資金供給と伝えられています。欧州版QE1か2か、いずれにしましても過剰流動性が投機筋のテーマになる動きではあります。ありそうなのは、ユーロ安、資源高、株高。今すぐということではなく、数ヵ月後にはかなり影響する、という意味ですが。

    コメントする 2012/03/01 08:24

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可