スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 欧州域内で「南北問題の存在」を認め、うまく折り合いを付けて進んで行くしかない、ということを受け入れる(国民たちに)受け入れさせる、しか、ないのでしょう。

    コメントする 2012/07/01 15:53

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可