スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • しかし、20年ほど前、日本が一人当たりGDPで見て、アメリカ合衆国やヨーロッパの主要国をはるかに上回る「金持ち国民」であったことがあります。
    そのポジションを20年くらいかけて、徐々に失って来た、というのは何とも残念でさびしい、という気が私はします。
    原因、事情はさまざまですが、「相対的に」負けて来たから、というのは事実でしょうね。

    コメントする 2012/07/12 19:19

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可