スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 会社の経営者は、会社の日常の運営を預かるものとして、株式市場が妥当な株価形成をしたときに、株主の期待に応えられるような成果を株主にもたらすように会社を経営しなければならない義務を負っている、と思います。
    そのためには、株主の利益を常に考えて経営に当たらなければならない、ということになります。
    もしそれができないとすれば、できなかったという結果が出た段階で、結果責任を取らされるのは当然です。

    コメントする 2012/07/16 16:05

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可