スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • これは何も総合商社に限ることではなく、日本企業全般に言えることです。例えば、もう大きな成長は見込めないな、と思える会社でも、十分に高い配当利回りが期待できる会社であれば、一般株主となる価値がある、と投資家は思うでしょう。
    しかし、そういう考えで株主になったとしても、高い配当利回りを経営陣が本当に守るために行動してくれるかどうか?が分かりにくいのです。

    コメントする 2012/08/20 15:28

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可