スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • わが国を見ますと、近年なかったような「地政学リスク」に見舞われつつあります。
    結局のところ、わが国と中韓は「限定的な付き合い」しかできない間柄なのかもしれません。
    福沢諭吉が韓国・中国にけっこう肩入れした挙句に「脱亜入欧論」に傾斜したように、距離を置いて付き合うしかないのかもしれませんね。

    コメントする 2012/08/21 15:39

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可