スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 株式市場を強く意識した金融政策を実施する米中央銀行と日銀の違いは明らかですが、米国が金融緩和を強化し、欧州もドイツが少し妥協しつつある、ということで、日本株の下落懸念が薄れることは確かでしょう。
    買い方からしますと、後は日銀も踏み込んだ金融緩和を実施して円高圧力をかわしてくれると良いのだが、となるでしょうね。

    コメント4件を表示する 2012/09/14 08:27

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可