スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • それにしましても、昨日のソフトバンク株の下落は大きかったのですが、おそらく(私の推量)買収による将来の不確実性の増大が確かに売りの材料になったのではありますが、それ以上に、例えばヘッジファンドなどが、この買収に対して「米スプリント株買い+ソフトバンク株売り」の巨額のポジションを作ったからという需給面の原因の方が大きかったのではないでしょうか。その傍証として出来高の急増を挙げることができるでしょう。

    コメントする 2012/10/13 13:57

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可