スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • これらをみますと、どう見ても「株主の財産を使ったリストラ→再建」が一番まともです。(迷惑をかける関係者が圧倒的に少ない。)
    だからこそ、株主は「企業の持つリスクの最終的な引き受け手」などと言われるのです。
    株主は、そうしたことが起きることを覚悟の上で株主になっていますから、それはそれで良いのです。(ただし株主は、そんなことにした経営者の責任は問います。)

    コメントする 2012/11/13 16:22

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可