スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 政府と十分に議論して、もしこれまでの日銀の金融政策が適切なものでなかった、というなら、適切でなかったことは認めて、責任を取ってその総裁が辞任する、というのがふつうの話でしょう。
     
    例えば、欧州の中で、財政規律を重視するドイツの代表は、欧州中央銀行の理事を辞任しました。財政規律の是非はともかくとして、ドイツの考えを明確にした、という意味では理解できることですし、信頼に足る態度ですよね。

    コメントする 2012/12/20 15:51

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可