スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 大きなデフレギャップがある中で景気を浮揚しよう、というのですから、金融政策だけではだめ、というのは言わば正論なのでしょう。また、財政の制約の中で公共投資を増やすことは難しい、というのも正論でしょうね。
    ただ、理論的にはともかくとして、このデフレ下で多少物価が上がれば(実質賃金の低下によって)雇用が増えるかもしれません。
    また、同じく実質賃金の低下によって企業収益が多少改善するかもしれません。

    コメントする 2012/12/26 16:31

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可