スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • そうなれば、多少なりとも経済が好循環するかもしれません。
    何もしない、となれば、国民は「名目賃金が低下するか」、「実質賃金が低下するか」、「どちらを選びますか?」と問われているようなもので、「両方とも嫌だ」という権利がないことになってしまいます。
    株価の上昇が、ひょっとすると近い将来の経済の好循環を予想しているのかもしれない、と思える位に株価が上がって欲しいものです。(来春~来夏でOKですから。)

    コメントする 2012/12/26 16:33

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可