スローネットは新サイトに移行いたしました。今すぐアクセス


  • 多分、株式市場というのは「選択肢が極めて多い」世界なのでしょう。
    選択肢の中には例外的としても良好なものがたいていありますので、悲観しているよりより良いものを探した方がいい、となりやすいのかもしれません。
    エコノミストも同様で、悲観論者が多いですね。楽観論を言うエコノミストは馬鹿そうに見える、といった観もありますね。
     

    コメントする 2012/12/27 09:25

    株式あれやこれや 株の談話室のイメージ

    株式あれやこれや 株の談話室

    サークル
    オフィシャル
    誰でもフォロー可